発見しにくい水のトラブル

予測できないところでの水のトラブルは、大きな被害を生み出します。すぐに発見できれば、そこまで大きな被害にはなりません。しかし、知らずに漏れ続けた時には、周囲に影響を与えますし、水道代もかかり続けます。そうなると使っていない水道代が請求されるため、損害は大きなものです。そのため、少しでも早く発見するとともに、ほんの小さな異変でも気がついたら、早めに検査しなければいけません

■床下の配管から漏れだす水のトラブル

水のトラブルは、配管があるところなら、どこでも発生する可能性があります。配管はさまざまな場所を通されているため、発見できない場所も出てくるでしょう。床暖房を設置している場合、床下に必ず配管があります。この配管を毎回チェックする人はいません。配管はできるだけ接続部品を減らし、漏れないようには作られています。それでも破損してしまうと、必ず水は漏れてしまいます。
床下に水漏れするケースは、排水なども考えられます。どの水漏れも、気がつかないことがほとんどで、床回りで使われている部材が水に濡れていることで気が付くこともあります。湿度も上昇するため、白アリの発生も助長してしまいます。家の構造に問題が出てくるのは、水漏れ以上に大きな損害になります。

■地中の配管が凍結して漏れるケース

床下だけではなく、地中に埋められている配管でも水漏れは発生します。特に内部の水が凍結し、膨張したことで管が破損するケースは、かなり多くみられる状態です。本来地中の中で温度は高く保たれます。保温も考えて設置されていますが、あまりに冷え込んだときには、凍結してしまう可能性が出るでしょう。管内の氷が溶けてから漏れだしてきますが、地中であるため発見が遅れることも珍しくありません。
水が漏れているため、周辺の土が濡れてきます。状況によっては土などが流れ陥没する場合もあるため、何らかの変化が出たら見逃さないことが大切です。専門業者に依頼して検査することも必要ですし、できるだけ早く管の交換を考えなければいけません。そのままにしておいても、管の亀裂が進行していくだけです。

■まとめ
水漏れの被害を最小限にするためには、異常をすばやく見つけ出すしかありません。床下で漏れている状況は、水道管であれば、水道代の変化ぐらいしかありません。床下を頻繁に覗いて点検する人はまずいないためです。本来乾いているのが床下になるため、カビが出てきていたり、湿度を感じてきているようなら疑ってみた方が良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ