蛇口で起こる水のトラブル

家庭の中には、水回りの設備がいろいろとあります。水を使うためには、設備ごとに蛇口が取り付けられています。構造的に複雑な部品で、消耗品もあることから、経年劣化で水漏れを起こしてしまうところが問題です。放置しておけばどんどんと漏れていってしまうため、劣化してきたときには早期に交換しなければいけません。小さい水のトラブルだと思っていると、水道代で大きな損害を出すこともあるため、小さなトラブルでも軽視しないことが大切です。

■パッキンの交換

蛇口には、必ずパッキンが使われています。水はわずかな隙間からでも漏れてきますが、パッキンは弾力性があり部品同士にできる隙間をなくす部材です。それだけに劣化も激しく、だんだんと弾力性を失い、効果を発揮できなくなります。これが消耗品としてのパッキン交換時期にあたります。内部のコマも摩耗してしまうと、水を止められなくなるため交換が必要です。
パッキンを交換する際には、使われているサイズと形状が重要です。最近では、ホームセンターなどでもパッキンが簡単に手に入るようになりました。どれも同じわけではなく、中には特殊形状のものが使われていることもあるでしょう。間違って購入すると、水のトラブルを解決できないため、十分に注意して購入しなければいけません。

■蛇口を交換するなら

蛇口にも寿命があり、パッキンの交換をしても水漏れが止まらなくなることがあります。使用頻度にもよりますが、取り付けてから10年も経てば、交換の時期と思った方が良いでしょう。金属部品も摩耗で劣化していくため、どうしても水のトラブルのもとになってしまいます。こうなると修理ではなく、蛇口 交換を考えた方が確実で、費用的にも安上がりです。
高機能な蛇口に変えるきっかけにもなりますが、通常のものとは構造が異なります。取り付けにも知識が必要であり、工具も揃えなければいけません。素人では現実的に交換が難しく、工具などの購入費用も掛かるため、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

■まとめ
パッキンの交換は、水回りのトラブルの中でも難しいわけではありません。構造を少しでも知っていれば、モンキーレンチとマイナスドライバーで分解できます。パッキンも簡単に取り外せますが、現在の高機能な蛇口は異なります。センサーが入っていて自動で水が出せるタイプのものを存在します。このような設備は取り付けを間違えれば新たな水漏れを作り出してしまう可能性も高いため、確実に取りつけるためにも、専門業者に依頼してしまいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ